銀行借入

銀行借入での審査時の注意点

銀行借入を受けるのは法人のみではなく、個人も受けています。どちらかというと個人のほうが多く、教育ローンや住宅ローンなどが挙げられます。銀行での借入時の審査では勤務先、勤務形態、勤務年数の3点を調べられます。そして、銀行以外で借入をしていないかを調べられます。

 

特に銀行以外からの借入に関しては、返済が滞ったようなトラブルがなかったかなどを厳しく見られます。勤務先については会社規模によっても借入が可能かどうかが決まります。原則は正社員で勤務年数が3年以上の人が対象になります。転職をした人はキャリアアップなどの情報はプラスに働きますが、職場トラブルなどの場合はマイナスに働きます。
年収が上がったり、重要な役職につくための転職であればさらにプラスとして捉えられます。最後に有料になりますが、自分の信用情報を照会することができます。これは自分でローンを組んだことが過去に無くても、家族や他人が勝手に組んでいる場合がまれにあります。信用情報に誤りがないか、見知らぬ情報が記載されていないかを知ることは必要かもしれません。

銀行借入の仕組みとメリット

「銀行借入」とは民間の銀行や国民生活金融公庫などから個人、または法人が資金を借入することです。この際、詳しい金利はその金融機関ごとに設定されていますが、借り手の信用情報によって変動する面もあります。借り手の信用度が高い場合は金利が低くなり、借入の金額は高くなります。反対に借り手の信用度が低い場合は金利が高くなり、借入の金額は低くなります。

 

これは借り手とその金融機関の貸し倒れリスクが高くなってしまうという背景に基づいているからです。また、銀行の審査は消費者金融やサラ金業者、クレジット会社よりも厳しく、借入が不可能な場合もあります。その代わりに金利はそれらよりも低く、借入額は高くなります。

 

個人事業主や自営業者は国民生活金融公庫で借り入れをしたほうが、銀行で借入するより審査が通りやすいです。これは国民生活金融公庫が個人事業主や自営業者に対して、積極的な融資を行なっていくという役割があるためです。

銀行借入は低金利が良い

私は昨年、埼玉県のとある場所にマイホームを購入しました。買おうと思った家を決めてから結局購入することができたのはその3か月後くらいでした。一番時間がかかってしまったのは銀行借入でした。

 

住宅ローンを組むために銀行借入をする必要があるので、インターネットを利用して、どこの銀行が低金利なのか比較したり、口コミを見て参考にしたりしました。生まれて初めてマイホームを買って、住宅ローンを組みましたが、金利がとても重要で、少しでも金利に動きがあると返す金額も大きく変わってくるので、どの銀行から借り入れをするのかとても重要であると感じました。

 

低金利であればあるほどいいのですが、なかなか決めるのは難しかったです。そのためどの銀行で借りたらいいのかとても迷いました。銀行が決まってからも固定や変動、それともミックスにするのかいろいろ金利にも種類があってそこでもとても迷いました。家を買うのはとても大変なことだと感じました。

銀行借入・融資実現のために必要な書類

銀行借入で融資してもらうための必要書類とポイントを解説します。まずは事業概況書類です。これは会社の概要や事業の内容をまとめた書類で、つまりは会社案内等です。銀行はまず、お客様がどんな事業を行い売り上げを上げているのかを重視します。

 

この為、創業融資を申し込むお客様や新たな銀行に融資取引を申し込む場合には提出が必要となります。次は商業登記簿謄本です。創業融資を申し込むお客様や新たな銀行に融資を申し込む際は必須となります。この書類の内容から詐欺会社でないかどうかを主に銀行は判断しています。次は資金使途資料です。コレはお金の使い道を示した資料です。

 

特に設備資金の申し込みの場合は必須となります。運転資金などにおいても、季節商品の仕入れ資金や、その他賞与資金、納税資金申し込みの際にも、金額の分かる証明書類の提出が求められます。次は決算書類一式です。決算書類は、決算書、勘定科目明細、別表、法人概況説明書等の一式です。